ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

量的緩和はどう影響する?メリット・デメリット

量的緩和とは?

中央銀行を通して市場に資金を供給し、国内の金まわりを良くして景気を操作する方法です。日本の場合、中央銀行は日本銀行、略して、「日銀」です。

国が発行する国債や証券などを、日銀が大量に買い入れることで、日本の市場に潤沢に円を供給しています。デフレで低迷している日本経済を少しばかりインフレにもって行きたいために、金利はぎりぎりにまで下げましたが、それでも思うような効果が得られなかった為に取られた措置です。

お金をたくさん出まわらせて企業や個人にお金をたくさん使わせたいのが、狙いです。手持ちのお金が増えればたくさん消費して、景気も良くなるだろう、という訳です。

経済政策は、一朝一夕では効果や結果が出ないのが当たり前になっていますが、日本の量的緩和も長いこと低迷していました。日本国民が、期待したほど手放しで消費を愉しまなかったのも一つの原因になったでしょう。

今の石油の値崩れも、多方面に影響する問題ですから見逃せません。たくさんの要因が複雑に絡み合っています。最近になって円安に変わったことで、これからの動向が注目されています。

為替と株価の推移
上の図は10年の為替と株価の推移のグラフです。2012年末から急激に株価上昇・円安が急加速しています。これは安倍政権に政権交代し、量的緩和を進めてきたからです。一般的に定着した言葉で「アベノミクス」と呼ばれています。

スポンサーリンク

さて、この政策にはどのようなメリットがあり・どのようなリスク(デメリット)があるか?大きく影響する為替や金利にも触れてわかりやすく解説します。

スポンサーリンク

量的緩和のメリット

  • 景気が良くなる
  • 株価が上昇する
  • 通貨価値が下がって輸出が増える
  • 金融や企業の資金繰りが安定する
  • 雇用が改善されて、さらに景気が回復される

量的緩和のデメリット

  • 国の借金が増える
  • 通貨価値が下がる
  • インフレが進行する

簡単にメリット・デメリットを上げたらこんな感じです。量的緩和を具体的に説明できなくても、これから日本がどちらの方向に向かうのかは知っておいた方が良いでしょう。

為替に与える影響

通貨が大量に出まわることで、その通貨の価値は下がります。日本円の場合、国際的にデフレの傾向の中でも信用度が高かったので買い人気があり、円高が続いていましたが、このところ、急に円安になっています。

国際的信用度が落ちたのだと解釈すれば、一旦失った信用はどうしたら回復できるのか、などの課題が残ります。ただし、円安になれば輸出は確実に伸びるので、国内景気への刺激にはなります。

金利に与える影響

最低金利が長期間続く期待が高まって、景気回復へと向かいます。

アメリカでは、量的緩和政策がすでに何回か取られています。その結果、国家債務上限額を超えてしまうので上限枠の引き上げまで行っています。現在、世界経済はアメリカドルを中心にして動いています。

アメリカがこれを行うと輸出入品に影響が出て物価の上昇を招きますし、経済不安定なよその国のインフレも招く可能性があります。アメリカに限らず、ヨーロッパでも量的緩和を行うというニュースが出ています。

世界中でこれを行ったら、世界的にインフレへと動くのでしょう。しかし、行き過ぎたインフレは反動が大きいので緩やかにインフレへと向かえばよいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

芸能人もリピーター続出の冷凍ピザ

冷凍ピザとは思えない、手伸ばし窯焼き生地の美味しさに、 「冷凍ピザの概念が変わる」と大好評です!値段も宅配ピザと比較して半額!解凍もオーブンでたったの6分できちゃう♪

大人気過ぎて現在2ヶ月待ち★予約は、お早めに♪

大好評のピザに続き、パエリアも登場
量的緩和はどう影響する?メリット・デメリット
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事