ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

寒い朝は目覚めが悪いのはなぜ?よくなる方法は?

冬は寒くてなかなか起きられない、とか、冬になったらなんだか疲れているようで目覚めがすっきりしない、とか言う話しを耳にします。別に、不精になったり病気になったりしたのではなく、どうもこれらはよくある事らしいので、特別な心配はないようです。
目覚め

スポンサーリンク

冬の朝は夏に比べて起きにくいのはなぜか?

体温が下がると眠くなるというメカニズムが働きます。

夜になると体温が下がって眠気を催し、朝が近ずくと体温が上がっていく、という自然の体温調節が冬の低い気温の中でずれてしまい、朝になっても体温が十分に上がりきっていないためです。これは体内の目覚まし時計が狂うという表現にもなります。

朝光が弱くて暗いので、眠気が去りません。

朝の陽光は体内の目覚まし時計を動かす働きがあります。冬になって日が短くなり十分な光が感じられないと、体も十分な覚醒作用を受けなくなります。

日中の活動が少なくなり、それに伴って眠りも浅くなっています。

体に深い眠りを誘うのに十分な疲労が蓄積されていないために、眠りが浅くなってその分長い睡眠時間が必要になります。

スポンサーリンク

寒い朝でもすっきり目覚められる方法は

眠る前にお風呂に入って手足の血行をよくします。

生ぬる湯にゆっくりと入ると効果があります。体をリラックスさせて、程よい疲労感が眠りにつながります。

太陽の光、パソコンやスマホの光を調節します。

朝、カーテンを開けて太陽の光を部屋に入れると催眠作用のあるメラトニン酵素の分泌が止まります。また、夜の就寝前にパソコンやスマホの使用を止めると、それらの光がメラトニン酵素の分泌を抑えるのを阻止できます。

体温の調節をします。

起床時間の30分くらい前にエアコンの暖房をセットしておくとかすると、室温が上がって体温も上がります。
起床してから、熱いシャワーを首の後ろやわきの下にあるリンパ節にあてるようにすると効果があります。

カナダの冬の朝

北国で寒いと言われるカナダでは、外気はマイナス30度以下になっても室内はエアコンが入っている夏とほぼ同じくらいの温度で保たれています。

室内温度調節はプログラムできるので、夜は昼間より少し低めにして、朝の6時ごろから温度が上がるように設定する家庭が一般的です。起床後の朝食前にシャワーを浴びるのも一般的です。寒くて猛吹雪であっても車の運転に支障さえなければ、普段と変わらずに出勤していくお国柄ですから、朝寝坊はできません。

運転して家を出てから職場に着くまでの間に、馴染みのコーヒーショップのドライブスルーで熱いコーヒーを買うのもまた一般的で、通勤時間に30分以上かかるようならほぼ確実に買います。

スポンサーリンク

芸能人もリピーター続出の冷凍ピザ

冷凍ピザとは思えない、手伸ばし窯焼き生地の美味しさに、 「冷凍ピザの概念が変わる」と大好評です!値段も宅配ピザと比較して半額!解凍もオーブンでたったの6分できちゃう♪

大人気過ぎて現在2ヶ月待ち★予約は、お早めに♪

大好評のピザに続き、パエリアも登場
寒い朝は目覚めが悪いのはなぜ?よくなる方法は?
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事