ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

耳鳴りは病気の前兆?原因・予防・解決法

ほとんどの人が一度は経験したことがある耳鳴りとは、実際にはしていない音が頭から離れなくなったりする症状です。軽症の場合には数秒間で終わることがあり、重症になると新しいストレスのもとになります。
10%から15%の人に耳鳴りの症状が出ると言います。加齢とともにより多くの人に自覚が出てきますが、体が不調を訴えかけているのかもしれませんから、医者の検診を受けるほうが安心です。

画像引用

耳鳴り

スポンサーリンク

耳鳴りの原因とは?

自律神経失調症、血流の悪さ、脳の機能低下などによることが多いとされます。耳鼻科を訪ねても良く判らないような場合には、根本の原因がストレスである事も多いのです。

耳鼻咽喉に障害がでている場合

耳から鼻に通る耳管に障害がある場合には、体の中心臓の拍動や呼吸音が聞こえることがあります。

自律神経失調症による場合

自律神経失調症が血流障害をおこすことがあり、これが原因のときがあります。血流障害は頭痛や肩こりも併発します。

また、免疫力が低下するのでどこかに炎症をおこしても原因になります。自律神経がストレスによって乱れても原因となります。この場合にはうつ病も含まれます。

高血圧、脳腫瘍、聴神経腫瘍、脳血管の異常などが原因の場合

耳周辺の血管が硬くなると、耳の血流が悪くなり、耳鳴りを引き起こします。

頭蓋骨や顎関節のゆがみがある場合

頭蓋骨の一つである側頭骨がゆがむと、その内部の中耳にある器官の働きが狂います。顎関節がゆがんでいても、物を噛む場合などに側頭骨にそのゆがみを伝達してしまいます。

スポンサーリンク

耳鳴りの予防と解決方法

予防に効果があるとされる食物の摂取

黒豆、ゴマ、ニンジン・大根・ほうれん草・玉葱、クルミ、栗など。
悪化させるものとしては、油脂類、魚介の干物、コーヒー、タバコ。

休養して、ゆっくりととれる睡眠時間の確保

ストレスは一番の大敵です。

体により多くの酸素を取り入れる

自律神経が乱れると、自然に呼吸が浅くなり、肉体の酸素欠乏に陥りやすくなります。深呼吸の回数を増やしたりして、忙しい日常の中にゆとりを作り出すのは効果的だといわれます。

ツボを刺激して首や耳周辺の血流が促す

画像引用

耳鳴りに効果があるとされているポイントは下の画像を参考にしてください。
ツボ

耳鳴りが関連して起きる病気

  •   メニエール病
  •   突発性難聴
  •   老人性難聴
  •   ラムゼイ・ハント病
  •   薬剤性内耳障害
  •   自律神経失調症
  •   外耳道炎(外耳の病気)
  •   耳硬化症、中耳炎、鼓膜炎(中耳の病気)
  •   耳管機能不全、耳管炎(耳管の病気)
  •   聴神経腫瘍、聴神経炎(聴神経の病気)
  •   脳の外傷、脳腫瘍、脳出血、脳幹梗塞(脳の病気)

耳鳴りがする人の90パーセント以上に難聴が報告されているそうです。その点からも、耳鳴りを頻繁に経験する人は一度医者に相談するようにお薦めします。

スポンサーリンク
YOKONE

「寝ても疲れがとれない」ということはありませんか?

寝る姿勢は、仰向けが一番いいと思いがちですが、実は横向きが一番いいということがわかっています。

寝ても疲れがとれない原因はいびきです。

横向きで寝ることで気道確保でき、いびきを解消できます。 そこで安眠をサポートする横向専用枕が「YOKONE」です。頭・首・肩・腕の4点を支える特許技術で使用者も「安眠できた」との声が続出しています。
耳鳴りは病気の前兆?原因・予防・解決法
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事