ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

まぶたの痙攣が続いて気になる!その原因と解決法

一般的に、まぶたのピクピクは、自分の意志とは関係なく起こる眼精疲労やドライアイによる、一時的なまぶたの筋肉の痙攣です。40代以降の女性に多く、次は中高年の男性に多くなっています。左右のまぶたの痙攣が強くて頻繁な場合は、眼瞼痙攣という症状かもしれません。

その場合は初期症状がドライアイと似ているために、眼科で検診を受けるときには、まばたき具合のテストなどを行って診断をします。眼瞼痙攣の症状が進んでくると目が開けていられなくなり、失明と同じような状態になったりしますし、症状としてまぶたの筋肉の痙攣をともなわない場合もあるので、医師の診断が必要です。

スポンサーリンク

まぶたが痙攣する原因

まぶたが痙攣する一時的なものと長期的なもので原因は異なってきます。
さて、どのような時にまぶたの痙攣が起こりやすいのでしょうか。

一時的な痙攣の場合

一時的な場合で一番原因が多いのは疲労や精神的なストレスです。特にオフィスワーカーなど、PC作業をする方によく見られます。集中して見続けることで目に疲労がたまったり、ストレスを感じ痙攣をおこします。

長期にわたる痙攣の場合

まばたきが多くなり、まぶしくて目を開けにくい症状から始まります。下まぶたが痙攣し、次に上まぶたも痙攣するようになって、次第に痙攣の回数が増して目を開けていられなくなります。

ドライアイなどの手当てをしているのに一向に良くならないような場合には、眼瞼痙攣を疑ってみて医者に相談するのが無難です。視力に異常が無いのに、周囲のものや足元が見えないために生活に支障をきたすようになります。

ほかにもまぶたの痙攣は下のような原因もあります。

  • 抗うつ薬などの特定薬剤の副作用
  • ある種の感染症
  • 重金属や一酸化炭素中毒
  • 脳卒中
  • 酸素欠乏などの出産時の障害
  • 外傷によるもの
  • 遺伝性の異常

解決と治療方法

発症の原因については、まだ完全には解明されていません。そのため、治療は症状を抑える対症療法が中心となっています。

スポンサーリンク

休息をとって目の疲れをとる

当たり前かもしれませんが一番効果的です。効果的な方法としては、蒸しタオルと冷水タオルのパックを繰り返します。こうするこで、血液の循環が促されます。ほかにも座っているときの姿勢を正すだけでも目の疲労度は変わります。

精神的ストレスを取り除く

時間をとれない人はなかなか難しいかもしれませんが、気分転換を心がけて睡眠を十分にとります。毎日の仕事疲れで、趣味など持つと気も紛れやすくなるので、趣味を見つけると効果的です。

バランスの良い食事の摂取

目に良いとされるビタミンA、ビタミンC、ビタミンEを含む食物を摂るようにします。
特にビタミンAは、目に良い栄養素といわれています。多く含まれる野菜は、ホウレンソウ、ニンジン、しそなどがあります。

疲れ目のツボ

ツボの場所は、眉毛の端、目の上のおでこ、こめかみ、の3箇所です。 目の周りを押さえてみて、痛い点や、気持ちの良い点を選んで上からトントンと軽く叩くようにします。

画像引用
ツボ

ここのツボを押してあげることで、効果があります。精神的な面でも効果があると思い込みストレスを感じにくくなります。

適切なメガネの使用

目の疲れで忘れがちなのが、長年使っているメガネは本当に自分に合っているメガネなのか。ということです。度が極端に強すぎたり・弱すぎたりすると、目に多くの負担をかけてしまいます。近くを見るメガネ・遠くを見るメガネを使い分けることで、負担なく見ることができます。

このようにまぶたの痙攣の場合には、進行は遅いのですが自然に快方に向かうことはほとんど無いので、医者の検診が必要になります。もっともなことですが、痙攣にならないように対策をすることもが一番です。

スポンサーリンク
YOKONE

「寝ても疲れがとれない」ということはありませんか?

寝る姿勢は、仰向けが一番いいと思いがちですが、実は横向きが一番いいということがわかっています。

寝ても疲れがとれない原因はいびきです。

横向きで寝ることで気道確保でき、いびきを解消できます。 そこで安眠をサポートする横向専用枕が「YOKONE」です。頭・首・肩・腕の4点を支える特許技術で使用者も「安眠できた」との声が続出しています。
まぶたの痙攣が続いて気になる!その原因と解決法
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事