ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

快眠できる寝具の選び方・正しい寝方

睡眠が正しく取れていないと、十分に寝ていると思っていてもなかなか疲れが取れないことがあります。睡眠は、脳や体を休ませるための唯一の手段といわれますから、疲れがとれる、ぐっすりと質のよい睡眠をとることは大変重要な事です。

医師の指導による治療が必要になるような不眠症以外で不眠をもたらす原因としては、眠る環境が整っていないとか、眠ることに神経質になり過ぎて眠れないことが多いようです。

1b9276f39e1aead3e09168dcad351879_m

気持ち良い睡眠へ改善する方法

スポンサーリンク

正しい寝方

睡眠中の寝返り、発汗、体温低下などの身体の変化を妨げない寝具が必要です。それらに共通する大切な事は、保温性、吸湿性、放湿性にすぐれていることです。この性能に優れていることで睡眠中の体の変化に優しく対応し、より良い眠りをもたらす事ができます。

寝具を使う順番としては、一般的に布団、シーツ、毛布、掛布団の順番と言われますが、羽毛布団の場合は、布団、シーツ、羽毛掛布団、毛布の順番が効果的と言われます。その理由は、体と羽毛布団の間に毛布があると羽毛が十分に膨らまないので、保温性が落ちるからです。

ちなみに北国と言われるカナダで冬に一般的なことは、シーツの上に羽毛布団を敷いて、その上からひざ掛けのような薄くて軽い物を掛けます。マットレスの上には敷きパッドを敷いて、その上に暖かいネルのような素材の敷布を掛けます。

気持ちよく寝るための寝具の選び方

気持ちよく寝るためには、やはり自分に合った寝具を選ぶ必要があります。例えば、枕の高さが高すぎたり低すぎたりすると、寝ている間にも首の筋肉を使ってしまい肩こりの原因となってしまいます。

寝ても疲れが取れないと思っている方は、自分に合った寝具を使ってないからかもしれません。いくら高級な寝具を買っても自分に合ってないものを買ってしまったら意味のないことです。

ベッドのマットレス選び方

良質な睡眠を得るには、体重を分散させてしっかり支えてくれるマットレスが必要です。体重が軽くて体格が小さい人は細いコイルのマットレス、体重が重くて体格の大きい人は太いコイルのマットレスを選びます。

シーツの選び方

綿は肌触り、吸水性、耐久性に優れています。安眠に欠かせない肌触りでは、エジプト綿が特に優れています。麻も、耐久性と吸湿発散性に優れていますし、洗濯を繰り返すと肌触りがますます良くなります。

毛布の選び方

ウールやカシミアなどの動物性天然素材は吸湿性、放湿性に優れますが、化学繊維の毛布は寝床の中に湿気が溜まり易くなるので、要注意です。

掛布団の選び方

掛布団は、軽くて体を圧迫せず、体に優しく馴染んで体温を保って包み込んでくれるものが理想的です。詰め物の素材は色々ありますが、特に羽毛、羊毛、真綿は、空気をたっぷり含むので外の熱が伝わりにくく、フィット性、放湿性にも優れています。

スポンサーリンク

敷布団の選び方

中芯に特殊構造の固綿を挟みこんで快適な硬さを持ち、更に体の当たる表面は羊毛などで柔らかく作った敷布団が適当です。

寝巻きの選び方

夜、パジャマなどの寝巻きを着る行為によって、心身ともに睡眠モードに移行します。そして実際の寝つきが平均して10分弱早まり、夜中に目覚める回数も減るので、睡眠の質が向上すると言われます。昼間の服装とされるジャージは生地が厚いため寝返りが打ちづらく、ゴムで体を締め付けてしまう恐れもあります。

また、アクリル・ポリエステル素材は熱がこもりやすく、寝床の湿度が上がりすぎて不快感を増します

枕の選び方

枕は脊柱のカーブの基点となる頸部を、優しく支えながら立っているときと同じ自然な姿勢を保てるようなものを選びます。敷き布団と頭部や頸部の間にできる隙間を、自然な力で埋めることができるものが理想的です。そば殻枕は日本で一般的ですが、3年以上経つと快適さを失うと言われます。


私自身、枕が合わず肩こりで悩んでいました。TVでしゃべくり007を見てて枕の特集がありました。これだ、と思い「スリープドクターズピロー」と調べてみて思いっ切って買ってみました。そしたら、肩こりも息苦しさもなくなりました。いろんな枕を試したので押し入れに枕6個もあるのでちゃんとした枕を選ぶことの大事さを知りました。
肩こりも寝ている間の息苦しさも解消する枕の詳細はコチラ

眠りの質

睡眠にはレム睡眠と言う浅い眠りと、ノンレム睡眠と言う深い眠りがあります。眠りに入ると、まずノンレム睡眠が、次にレム睡眠へと移ります。眠りはこの2種類の睡眠で構成されており、約90分周期で一晩に4~5回、一定のリズムで繰り返されています。

ノンレム睡眠

脳が眠っている状態です。特徴としては次の4つが挙げられます。

  • 入眠直後の状態です
  • 夢をほとんど見ません
  • 身体の筋肉は働いています
  • 眠りが深くなると呼吸回数と脈拍が減ります

レム睡眠

眠っていても眼球が動き、脳は覚醒に近い状態です。目覚めの準備状態でもあって、この時に目覚めると気分がすっきりします。

  • 眼球が動きます
  • 身体の筋肉が弛緩状態です
  • 呼吸や脈拍が不規則です
  • 夢を見ます

睡眠を手助けしてくれるアプリ

手軽に睡眠を手助けしてくれるアプリです。

Relax Melodies

風、波の音、鳥の声など睡眠を誘う音声を豊富に収録しています。好きな音を組み合わせることもでき、世界中で人気を得ています。
ダウンロードはコチラ

寝る前の簡単ヨガ体験「寝たまんまヨガ簡単瞑想」

人気ヨガスタジオのインストラクターがガイドしてくれる20分間のプログラムです。

スポンサーリンク
YOKONE

「寝ても疲れがとれない」ということはありませんか?

寝る姿勢は、仰向けが一番いいと思いがちですが、実は横向きが一番いいということがわかっています。

寝ても疲れがとれない原因はいびきです。

横向きで寝ることで気道確保でき、いびきを解消できます。 そこで安眠をサポートする横向専用枕が「YOKONE」です。頭・首・肩・腕の4点を支える特許技術で使用者も「安眠できた」との声が続出しています。
快眠できる寝具の選び方・正しい寝方
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事