ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

旅行もドライブも注意!覆面パトカーの見分け方!

高速道路に乗る際気を付けたい覆面パトカーの見分け方

車に乗って県外に旅行やドライブに行くとしたら、高速道路を使う場合がありますよね。気分も浮かれちょっとスピードを出しすぎになっちゃうことも。せっかく楽しい時間なのに警察に止められて気分を害されるのだけは防ぎたいところです。

ゴールデンウィーク、お盆休み、正月休みなど長期休暇の旅行や帰省シーズンは取り締まり強化しているところもあります。スピード違反で楽しい気分を壊さないために覆面パトカーの見分け方だけでも覚えておきましょう。

スポンサーリンク

覆面パトカーの特徴

覆面パトカーとは、平時は一般車両と同じ外装で、緊急時とか車両を検挙する時になると赤色灯を外部に出してサイレンを鳴らすパトカーを言いいます。パトカーであることに気づかれずに不審車両や不審人物の職務質問が出来るので、不審者を取り逃がす率が低くなります。
覆面パトカー

覆面パトカーの見分け方

車種

2000ccから3500ccくらいの国産セダンで、クラウンが多く使われます。色は白やシルバーなどの特徴がうすい車が多く使われます。ほかの車種としては、日産のスカイラインや日産のティアナ、スズキのキザシなどがあります。

一般道と高速道路

一般道では交通機動隊(交機隊)、高速道路では高速道路交通警察隊(高速隊)が取締りを行います。したがって、同じ車ではありませんが、同じような車種にはなります。

見分け方

  • 警察官は必ず2人で乗車していますので、助手席に注意しましょう。。
  • 原則として、所轄外にあたる他の県の車両の取り締まりはしませんから、覆面パトカーのナンバーはその都道府県のナンバーになります。
  • 運転技術が高くて、交通規則を守った運転をします。
  • リアガラスがスモークになっていて後ろから運転者が見えないようにしています。
  • 高速道路交通警察隊は必ず、制服を着て取締りを行います。ほとんどの制服には青字に白のラインが入っており、覆面パトカーでもこれを着て乗車しています。運転中に車外から気が付いた場合には、要注意です。
  • 道が空いているのに他の車がひどくゆっくり走っていて流れが遅いうえに、不自然に追い越し車線が空いている場合は要注意です。流れに乗って走るのが安全です。

特に高速道路で速度規制があるところは注意した方が良いです。経験上、時速80km速度規制があるにもかかわらず時速100kmで走っていました。標識を見ておらず高速道路の速度上限で走っていたのでびっくりしました。そこは、カーブが多い場所で速度規制されているところでした。

スポンサーリンク

雨や、雪が降らなくても運転技術が高度とされているところでは高速道路でも速度規制が入っているので注意しておかないといけません。

ネズミ捕り

一般にネズミ捕りとは、路上に速度測定器を設置して、その通過ポイントで速度違反が記録されると、その先にある取り締まり現場に連絡して検挙する方法です。制限速度15km/h超過からが記録され、厳密な取締りを可能にするので、最も気をつけなければいけない速度取締りだと言われています。

また、近年は、舗装されていても交通量や通行人の少ない田舎でネズミ捕りをすれ例が報告されています。

レーダ(電波式)方式ネズミ捕り

特定の電波を発射して測定します。レーダ方式には継続的に電波を発射し続ける継続発射型と、特定の車両を狙い撃ちするステルス型があります。

対策

国内ではすべてXバンドと呼ばれる周波数帯域が使われていますから、Xバンド受信が可能な市販のレーダ探知機を取り付ければ、事前に継続発射型電波の警告音をキャッチして減速することができます。

ただし、ステルス型取締りの場合には、流れの先行車になっていると事前に電波をキャッチできないので、周りを良く見るなどの取り締まり現場の先読み直感だけでは回避がむつかしい場合もあります。

光電管方式ネズミ捕り

送受光器から対面する反射板間をレーザ光で送信して、その2点間の通過時間によって速度を計測します。

対策

 光電管式では、レーダ探知機での回避はできませんが、測定係と検挙係の間の連絡を警察無線受信対応のレーダ探知機でキャッチすることはできます。
 中央分離帯がある道路で、道路側面上に赤いパイロンが2つ連続して設置してあるのを見かけたら減速するのが無難です。
 東京都23区内の速度取り締まりには、すべて光電管方式が採用されていますが、連絡用には警察無線が多く使われ、また晴天の休日午前中に集中して取り締まるなどの特長を考慮に入れて回避することも考えられます。

外国を例にすると

カナダの例でいきますと、ネズミ捕りはほとんど高速道路上になります。街路灯に仕掛けられたカメラ付き速度計でキャッチして、後日罰金通知を送ってくる場合も増えました。ネズミ捕りにはなりませんが、ヘリコプターも高速道路上を飛んで違反車を取締っています。

高速道路上では、パトカーや覆面パトカーはほかの車よりも高速で走っていきますし、制限速度内でそれらが走っているのは極めて稀なことです。それに運転者同士のよしみとして、パッシングも友好的に行われています。

旅行やドライブに行く際は「あれ、覆面パトカーじゃない?」なんて見つけながら行くのも楽しいものです。せっかくの旅行やドライブを有意義なものにしてください。

スポンサーリンク

芸能人もリピーター続出の冷凍ピザ

冷凍ピザとは思えない、手伸ばし窯焼き生地の美味しさに、 「冷凍ピザの概念が変わる」と大好評です!値段も宅配ピザと比較して半額!解凍もオーブンでたったの6分できちゃう♪

大人気過ぎて現在2ヶ月待ち★予約は、お早めに♪

大好評のピザに続き、パエリアも登場
旅行もドライブも注意!覆面パトカーの見分け方!
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事