ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

2016年4月労働基準法改正?高度プロフェッショナル制度とは?

高度プロフェッショナル制度で労働形態はどう変わるのか?メリットは?デメリットは?

高度プロフェッショナル制度 議論されていたホワイトカラー・エグゼンプションが、高度プロフェッショナル労働制という名称に変わって2016年4月から実地される可能性が高まっています。

時間に縛られず、柔軟な働き方を実現するものとして実質的な価値は高いものの、悪用する企業が出てきて労働環境が悪化するのではないか、という危惧から反対意見も多く出ていた労働基準法改正案です。

しかし、日本企業の労働生産性を向上させて、効率の悪い働き方を改善する為に必要な制度だとされています。将来、日本経済を支えてきた中所得者層が薄くなると予想されていますので、そのときに備える日本の方策の一つです。

スポンサーリンク

労働基準法改正

改正点

  • 労働時間ではなく業務成果に賃金を払う新しい成果主義の導入です。
  • 一定の収入がある場合に労働基準法の労働時間や休日深夜の割増賃金に関する規定が適用から除外されます。

適用対象者

  • 高度プロフェッショナルに該当する金融ディーラー、アナリスト、金融商品の開発、研究開発、コンサルタントなど、特定職種ですが、今後は増える可能性があります。
  • 職掌範囲を明確にできる人。
  • この改正法適用を希望する人。
  • 年収が1075万円以上の人。

労働基準法改正のメリットとデメリット

今回の労働基準法改定をわかりやすくポイントをまとめました。

スポンサーリンク

メリット

  • 海外を相手とする金融ディーラーなどは、時差による労働制約の不都合から開放されます。
  • 過労を防ぐための対策が盛り込まれます。
    企業は、1カ月間の在社時間の上限を設定するか、仕事の終了から開始までの時間間隔を規制するか、年間に104日の休日を設けるか、このうち少なくとも1つ以上が義務ずけられます。
  • 企業側は、一般労働者に最低5日間の有給休暇を消化させる義務が生じます。
  • 中小企業で働く一般労働者の割増賃金を増額することが盛り込まれています。

デメリット

残業する人間を増加させる可能性を持つものとして、心配されています。

  • 将来、年収1075万円で特定の職種だけでなく適用範囲が広がった場合に、残業の捉え方を悪用する企業が増える可能性がある、と心配されています。
    残業代を支払わなくても良くなるので、労働者側の自己負担でもってより多くの仕事の責任成果を押し付けられるような事があれば、過労死に至る率が高くなるのではないか、と言う懸念があります。
  • 時間外労働が賃金の対象外となって制限が緩むので、企業内の評価を気にする労働者が、成果のために自分の意思で働く時間が長くなるのではないか、と言う懸念があります。

年収が1075万円以上の労働者が全体の4%以下しかいないとされる日本の現状では、採用されても直ぐには殆どの人に影響が出ないと考えられます。すでに、高給労働者が労働時間の管理外で自己裁量で仕事ををする例は多くあります。高額な基本給には残業手当が含まれているとする考え方です。

年収1075万円以下でも、この範疇に入る労働者は多いと考えられますから、収入と職種による規定には変化が出ることが予想されます。

スポンサーリンク
YOKONE

「寝ても疲れがとれない」ということはありませんか?

寝る姿勢は、仰向けが一番いいと思いがちですが、実は横向きが一番いいということがわかっています。

寝ても疲れがとれない原因はいびきです。

横向きで寝ることで気道確保でき、いびきを解消できます。 そこで安眠をサポートする横向専用枕が「YOKONE」です。頭・首・肩・腕の4点を支える特許技術で使用者も「安眠できた」との声が続出しています。
2016年4月労働基準法改正?高度プロフェッショナル制度とは?
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事