ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

口内炎がしみる!原因・予防・治し方!一番効果的な市販の薬は?

口の中が痛い。口内炎って気づいたら自然にできてるものです。ごはんを食べるのもちょっと鬱になりますよね。口内炎ができたら今すぐにも直したい。あわよくばもう口内炎なんかできて欲しくない。誰でも、そう思います。私自身悩んでました。今回は、口内炎のできる原因や予防法。市販のもので効果があった薬をご紹介します。

de253ac0d3cabf344344ff3f9e2bfa49_s

スポンサーリンク

口内炎の種類

口内炎と言っても一概に一つではありません。

口内炎は、「カルタ性口内炎・アフタ性口内炎・潰瘍性口内炎」大きく3つに分けられます。これらの中でも痛みの有無により有痛性口内炎と無痛性口内炎に分けられます。

一般に口内炎と呼ばれるのはアフタ性口内炎です。

口内炎ができるとは原因

一般に口内炎ができる原因として大きく2つに分けられます。

原因その1

食事中など自分の唇や舌をかみ口の中の粘膜を傷つけ炎症を起こし口内炎ができるパターンです。

私の場合、歯並びが悪いためうつぶせで寝たりすると、歯と唇が接触し炎症を起こし口内炎ができます。

原因その2

 睡眠不足やストレスなど生活のリズムがくずれ体調不良を起こし免疫の低下からウイルス感染や体質で自然と口内炎ができてしまうパターンです。
ストレスや体調不良になるとだ液の量が減少し細菌を流し切れずに口内炎ができます。

市販の薬で効果がある薬

 口内炎はおよそ、ほおっておけば1週間から2週間でたいてい治りますが、食事のときしみたり快く食事が出来ません。「早く治したいなー」なんて思いますよね。

そんなとき、個人差はあるかと思いますがドラックストアなどで売ってある薬でだいぶ早く治ってしまうのです。今までいろんな薬を試したところよかった薬は下の3点です。

スポンサーリンク

ぬるタイプ

内服薬

貼るタイプ

この3つは私も愛用中の口内炎の薬です。早く治してみたい方は、お試しください。もちろん最初からできないのが一番いいですよね。ならないために予防方法をお教えしましょう。

口内炎ができないための予防方法

口内炎を予防するには、口の中をきれいに保つことが大事になります。口の中をきれいに細菌がいない状態を維持できれば口内炎もなりにくくなります。

体質づくり

3つの栄養素が口内炎に良いといわれています。

ビタミンB・ビタミンC・鉄分

ビタミンは緑色(ホウレンソウなど)の野菜で摂取できます。鉄分は、レバーなどが多く含まれています。ビタミンや鉄分を補給できない場合は、サプリメントを服用しましょう。

ストレス発散

ストレスをため体調不良になった場合、普段よりだ液の量が減少するといいます。だ液の量の減少により細菌を流しきれない状態が続いてしまうので運動などしてストレス発散することも必要です。

疲れをためない

不規則な生活をするとどうしても体は疲れを感じてしまいます。よく寝て、バランスの良い食事を心がけましょう。

この予防策を実施することで口内炎になる頻度をだいぶ下げることができるでしょう。お口の中をきれいによりよい生活を送りましょう。

スポンサーリンク

芸能人もリピーター続出の冷凍ピザ

冷凍ピザとは思えない、手伸ばし窯焼き生地の美味しさに、 「冷凍ピザの概念が変わる」と大好評です!値段も宅配ピザと比較して半額!解凍もオーブンでたったの6分できちゃう♪

大人気過ぎて現在2ヶ月待ち★予約は、お早めに♪

大好評のピザに続き、パエリアも登場
口内炎がしみる!原因・予防・治し方!一番効果的な市販の薬は?
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事