ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

土用の丑の日っていつ?「うのつく食べ物」ならうなぎでなくもいいの?

img_2

土用の丑の日って知っていますか?年に、何回か聞くけどよくわからないままです。土用の丑の日は、土曜は牛の日で肉を食べるわけではありません。土用の丑の日には、やってはいけないことややっと方が良いことなどがあります。

うなぎを食べる風習がありますが、実は、食べたら良いとされるものはうなぎだけではないのです。

スポンサーリンク

そもそも土用とは?

土用とは、正確にいうと土旺用事(どおうようじ)の略です。「土用」と言うと、夏を思い浮かべる人が多いのですが、土用は各季節にあります。陰陽五行説では、春・夏・秋・冬をそれぞれ木・火・金・水として、残りの土を各季節の終わりの18日間に当てはめたので、立春、立夏、立秋、立冬が始まる前の18日間を土用と言います。

次の季節へ移る前の調整期間のようなものです。現在では土用と言うと、一般的には立秋前18日間の夏土用をさします。また、この期間を暑中と呼んで、暑中見舞いを出す時期でもあります。
2015年の土用は、下のようになります。

冬土用 1月17日~2月3日 (太陽黄径297度)
春土用 4月17日~5月5日 (太陽黄径27度)
夏土用 7月20日~8月7日 (太陽黄径117度)
秋土用 10月21日~11月7日 (太陽黄径207度)
【出典】http://koyomigyouji.com/

それぞれ最初の日を「土用入り」最後の日を「土用明け」といいます。

土用の丑の日

夏の土用は、1年の中で最も暑さが厳しい時期ですので、江戸時代にはこの期間の丑の日を「土用の丑の日」とと呼んで重視し、柿の葉などの薬草を入れたお風呂に入ったり(丑湯)、お灸をすえたり(土用灸)すると夏バテや病気回復などに効き目があるとされました。

年によっては、土用の期間に丑の日が2回訪れることもあり、この2回目の丑の日は「二の丑」と呼びます。2015年の夏土用の丑の日は7月24日、二の丑は8月5日になります。

土用の丑の日はうなぎって風習はいつから?

7月の土用の丑の日にうなぎを食べると夏バテをしないといわれていますが、この風習は、江戸時代の万能学者で発明家でもあった平賀源内が作ったものです。知り合いのうなぎ屋が夏はうなぎが売れないで困っていたので、源内が店の前に「土用丑の日、うなぎの日」という貼り紙を出しました。

するとこれが大当たりして、土用の丑の日にうなぎを食べる風習が始まったそうです。昔からこの日に「う」のつくものを食べると病気にならないという言い伝えがありましたので「う」のつく食べ物が「うなぎ」として定着したのでしょう。

スポンサーリンク

この人が、困らなかったら土用の丑の日にうなぎを食べる風習はできていなかったでしょう。今では、高級なイメージのあるウナギですが、年に1回は栄養たっぷりのうなぎで精をつけて、夏バテを予防したいものです。

土用にしてはいけないことした方が良いこと

土を掘り起こしてはいけません。土を犯してはいけないからです。土用の期間は、土を司る土公神(どくしん・どくじん)が支配していますから土を動かしてはいけないのです。

今でも、建築の際に土を掘り起こす基礎工事などは土用の期間をはずす場合が多いとの事です。季節の変わり目の土用に、外で農作業をして体調を崩さないようにとの戒めでもあったようです。

土用の間日(まび)

土用の間に、土公神が天上に出かけて地上には居なくなる日を「間日(まび)」と言います。この日は土を掘り起こしても良いとされています。

冬土用の間日 寅・卯・巳の日
2015年は1月17日・26日・27日・29日
春土用の間日 巳・午・酉の日
2015年は4月23日・24日・27日・5月5日
夏土用の間日 卯・辰・申の日
2015年は7月26日・27日・31日、8月7日
秋土用の間日 未・酉・亥の日
2015年は10月22日・24日・26日、
11月3日・5日・7日
【出典】http://koyomigyouji.com/

土用の間日は、土用期間であっても普通通りの作業ができるということで。

過ごし方

土用の過ごし方としては、土を掘り起こすような作業をしない事です。
特に夏土用としては、これらの事をすると良いとされています。

  • 暑中見舞いを出します。
  • 梅干しの天日干しをします。
  • 薬草のお風呂に入ります。
  • うなぎや梅干しなどの「う」のついたものを食べます。

「う」がついたものを食べる

土用の丑の日のうなぎだけでなく、昔からこの日に「う」のつくものを食べると病気にならないと言われてきました。例えば「梅干し」「瓜」「うどん」などがそれです。他にも「土用~」とつくような土用餅、土用しじみ、土用卵が良いとされています。いずれも、食が細くなる夏に食べやすいものばかりです。昔から現代まで伝わるものです。

今では、「ウインナー」「ウエハース」など外国から入ってきたものもあります。お菓子で言えば、「うまい棒」「ウィダーゼリー」などがあります。文頭に「う」が入らなくてもいいので、きゅうりなどでも良いとされています。現代は、なんでもありな世の中に変化しつつあるので「高級(こうきゅう)~」などありになってきそうですね。

スポンサーリンク
YOKONE

「寝ても疲れがとれない」ということはありませんか?

寝る姿勢は、仰向けが一番いいと思いがちですが、実は横向きが一番いいということがわかっています。

寝ても疲れがとれない原因はいびきです。

横向きで寝ることで気道確保でき、いびきを解消できます。 そこで安眠をサポートする横向専用枕が「YOKONE」です。頭・首・肩・腕の4点を支える特許技術で使用者も「安眠できた」との声が続出しています。
土用の丑の日っていつ?「うのつく食べ物」ならうなぎでなくもいいの?
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事