ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

ペットで人気のフクロウの種類は?気になる値段や飼育の仕方!

日本国内で保護の対象になっているフクロウも、最近はペットとしての人気が高くなってきたようです。

野鳥のフクロウを捕まえて飼うと違法になってしまいますから、是非とも猛禽類(もうきんるい)ショップから手に入れるようにしましょう。

フクロウといってもたくさんの種類がいます。

スポンサーリンク

ペットで人気のフクロウ

コキンメフクロウ

コキンメフクロウ

値段 200,000円から270,000円
全長 20cm~25cm
体重 50g~60g
特徴 コキンメフクロウは、小さく頭部が平らなところが特徴です。驚かすと、頭を上下に動かす習性があるので反応してくれます。

スピックスコノハズク

スピックスコノハズク

値段 200,000円~300,000円
全長 20cm~24cm
体重 100g~160g

この写真は、子供の時です。大人になるとたくましく鋭い目つきになります。

大人になる変化を見届ける楽しみがあります。

アフリカオオコノハズク

アフリカオオコノハズク

値段 180,000円から250,000円
全長 19cm~24cm
体重 60g~75g

アフリカオオコノハズクは、身を守るため敵が近づくと体を細く変化させたり体の3倍以上の大きさに翼を広げたりします。

モリフクロウ

モリフクロウ

値段 250,000円から300,000円
全長 37cm~43cm
重さ 470g

モリフクロウは、ペットとしては大きいサイズになります。見ていると、かわいくてしょうがなくなりやみつきになります。

ヨーロッパコノハズク

ヨーロッパコノハズク

値段 130,000円から180,000円
全長 15cm程度
重さ 100g~200g

ペットとしてのフクロウとしては、小型になります。値段もフクロウにしては安くなります。

フクロウの飼い方

道具

猛禽専用のとまり木は必需品(ひつじゅひん)です。

取り扱う際の革手袋。布製だとフクロウの爪が引っかかります。

犬用、猫用の爪きり。爪が伸びすぎると傷になって化膿(かのう)したりします。

餌を与える時のピンセット。素手で与える癖をつけてはいけません。手と餌を勘違いします。

スポンサーリンク

栄養剤。日常の餌のほかにMVS30などの栄養剤があった方が良いようです。

水入れと水浴び。

餌(えさ)

1ヶ月の餌代は、与える餌の種類で違います。小型種なら3,000円から5,000円くらい、大型種なら1万円くらいはかかります。

冷凍のマウスやウズラ、ヒヨコなら猛禽類ショップで購入出来るので一般的です。

小型のフクロウならコオロギなどの昆虫も時々与えてください。

スーパーの肉だけでは栄養価がかたよって体調を崩してしまいます。人工飼料も販売されていますが、日常的には与えていません。

冷凍マウスは始めは抵抗があるでしょうが、とても栄養が良いのでかかせない餌のひとつです。

どうしても抵抗がある人には、見た目の抵抗感を減らすように処理してあるウズラも売っています。

餌の量は、1日に1回から2回、体重の15%から20%が目安になります。

環境

最低でも60センチから90センチのゲージが必要です。

水浴びなどを考えるともう少し大きな100センチ以上のゲージがどうしても必要で、必然的にゲージを置く部屋もある程度大きくなります。

足輪をつけて専用のファルコンブロックやパーチにつないでおくという方法もあります。

習性

夜行性(やこうせい)ばかりでなく、他の鳥のように昼間に行動するフクロウも居ます。

夜行性のものでも、飼われていると人に合わせて日中に起きているようになることも多くなります。

基本的にはめったに鳴かないのですが、人になれて来ると甘えて鳴いたりします。あまり体に触ったりするとストレスがたまります。

犬や猫のような交流型の飼育ではなく、観察型の飼育にむいているようです。

また、ゲージの中にかくれていられる場所を用意してあげると安心できるようです。

フクロウの寿命

寿命はペットにしている場合、

小型種 10年から15年
中型種 20年から30年
大型種 40年以上

フクロウは、長寿の生き物です。最後まで一緒に居られるかをよく考えてから飼い始めるのも、飼い主の責任の一つでしょう。

スポンサーリンク
YOKONE

「寝ても疲れがとれない」ということはありませんか?

寝る姿勢は、仰向けが一番いいと思いがちですが、実は横向きが一番いいということがわかっています。

寝ても疲れがとれない原因はいびきです。

横向きで寝ることで気道確保でき、いびきを解消できます。 そこで安眠をサポートする横向専用枕が「YOKONE」です。頭・首・肩・腕の4点を支える特許技術で使用者も「安眠できた」との声が続出しています。
ペットで人気のフクロウの種類は?気になる値段や飼育の仕方!
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事