ついにこの日が来た!気になる口臭に さようなら♪ 口臭の3大原因殺菌効果歯周炎予防歯肉炎予防
虫歯予防ホワイトニング効果などこれらが1プッシュでできるお手軽さ!
友人と会話するあなた 彼氏・彼女と至近距離で会話するあなた 年齢とともに口臭が気になってきたあなた そんな方におすすめです!

5人に1人は糖尿病?正しい食生活で糖尿病予備軍は治せる?

2012年の統計では、糖尿病と糖尿病予備群の合計は2,050万人になりましたが、これは国民の5人に1人が該当する数だそうです。実は、知らないうちに糖尿病や糖尿病予備軍になっているかもしれません。

スポンサーリンク

糖尿病とはいったいどんな病気?

 インスリンは、からだの中で唯一血糖を下げるホルモンです。そのインスリンが何かの理由で不足したり、効率よく作用しなかったりすると、からだの細胞に運ばれてエネルギーになる筈の血液中のブドウ糖がからだの細胞に吸収されません。それで、血液中の血糖が上がってしまうのです。そしてからだのエネルギーも不足してしまうのです。

 糖尿病には、2つのタイプがあります。両方に共通する鍵(かぎ)はインスリンです。

1つ目の1型糖尿病は、小児糖尿病とかインスリン依存型糖尿病と呼ばれていたもので、子供の頃に始まることが多いのです。膵臓のβ細胞というインスリンを作る細胞が破壊されることで、からだの中のインスリンの量が圧倒的に足りなくなって起きます。

2つ目の2型糖尿病は、生活習慣病などが関係してくるインスリン不足やインスリンの機能障害です。こちらは、日本の糖尿病患者の95%以上を占めると言われます。さらにこのほかには、遺伝子の異常やほかの病気が原因となるものとか、妊娠糖尿病があります。

糖尿病

糖尿病の症状って?

糖尿病は一度なってしまうと治らないようですが、数がかなり多いとされる糖尿病予備軍の段階ならまだ治せます。

糖尿病の症状の例としては

のどが渇く

多尿になって水分がからだから出ていくため、水分不足になります。

排尿の量が増えて頻繁にトイレに行く

腎臓が血液中のブドウ糖を尿といっしょに排泄しようとするので、尿の量も回数も増えるのです。

急激に体重が減る

食事からブドウ糖を摂取できないので、からだは筋肉や脂肪からエネルギーを得ようとします。その結果どんどん痩せますが、痩せてくる頃には糖尿病が進行している可能性があります。

全身がだるく感じられて疲れやすくなる

食事をエネルギーにうまく変換できなくなるために、細胞がエネルギー不足になるのです。

スポンサーリンク

目がかすむなどの視力障害がでる

糖尿病性網膜症の疑いがあります。高血糖が続くと、視神経に病変が出ます。

尿に糖が出る

立ちくらみ

手足のつりやしびれ

糖尿病性神経障害の可能性があります。神経障害により、足先の感覚が鈍くなることもあります。

足先が冷たくなり、血色が悪い

血管に障害で出ている可能性があり、特に細い血管の集まっている足先は症状が出やすくなります。

月経異常

性欲減退

糖尿病と食生活

 糖尿病の食事療法は特別な食事ではなくて、バランスのよい健康食のことだといわれます。食べ物が良い悪いよりも、一日3食規則正しくバランスのよい食事をとって、それを長く続けるということが重要です。

過食や偏食はいけません。ただし、合併症がある場合は食事療法の内容が変わりますので、必ず医師の指示に従うことが必要です。

適正なエネルギー量の食事

通常1日当たりの摂取カロリーは、成人男性では2150から3450キロカロリー、女性では1700から2800キロカロリー程度となります。各個人の適正エネルギー量は異なり、年齢や体重などで異なります。医師から指示された自分のの量を守りましょう。

一日3回規則正しい食事

血糖値を安定させるには、食事の時間と量をできるだけ毎日一定にすることが大切です。

栄養が偏らない

医者から指示された一定のエネルギー量で、身体に必要な栄養素を満たすには、いろいろな食品を偏りなくとることが必要になります。

味付けは薄味

濃い味付けにするとごはんがすすんでカロリー超過になりがちです。塩分をとりすぎると高血圧の原因にもなります。干物、加工品、塩蔵品、漬物、汁物類には注意しましょう。

油は脂溶性ビタミンの吸収を助けますが、とりすぎはいけません。天ぷらやフライなどの揚げ物の衣は、大量の油を吸収しているので、衣を取り除いてたべると良いでしょう。

アルコールは原則として禁止

飲酒は医師の指示を受けましょう。

菓子類やし好飲料は控えます

お菓子類や飲料水は、糖分や塩分が多く含まれますのでなるべく避けた方が良いです。

糖尿病自体もこわいけれども、合併症をおこすからもっとこわい、とよく言われます。糖尿病から網膜(もうまく)に支障が出て視力がほとんどなくなった人もいます。生活習慣病は治療がむつかしいとも言われます。仕事で忙しい人は、さらにむつかしいでしょう。でもいつの日か、きっかけをつかんだときに、先人たちのような規則正しい日常に戻す努力が必要なようです。

スポンサーリンク
YOKONE

「寝ても疲れがとれない」ということはありませんか?

寝る姿勢は、仰向けが一番いいと思いがちですが、実は横向きが一番いいということがわかっています。

寝ても疲れがとれない原因はいびきです。

横向きで寝ることで気道確保でき、いびきを解消できます。 そこで安眠をサポートする横向専用枕が「YOKONE」です。頭・首・肩・腕の4点を支える特許技術で使用者も「安眠できた」との声が続出しています。
5人に1人は糖尿病?正しい食生活で糖尿病予備軍は治せる?
この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

おすすめの記事

おすすめの記事