政治・経済一覧

歩いて商品がもらえる健康ポイント制度ってどんなもの?

会社の昼休みに、ランニングウエアに着替えてランニングしている方をかなり見かけます。短い休み時間に運動する。会社の最寄り駅からひと駅前で降りて歩いて来る方も大勢いる事でしょう。 夜間にウォーキングやランニングなど運動をしている方もたくさんいます。自分で運動する事でポイントが付いたら結構うれしくないですか? そんな取り組みを行政が行っていたとしたら、あなたならどうしますか?

マフラーの素材別の洗濯の仕方!自宅でも綺麗に洗うことができるの?

冬のファッションアイテムと言えば、ニット帽に手袋、コートなどさまざまあります。首元を温めることで体がホカホカしてくるアイテムと言えば「マフラー」ですよね。 一度付けたら外出する際には、必ず付けて行かないと首元が寒くてしかたなくなってしまいます。 それを春先まで毎日使った場合どのくらいの汚れが蓄積されているのでしょう。

日本の老後破産の現実!より良い老後生活を送るために原因を知って若いうちから対策しておこう!

最近、テレビや他のメディアでも取り上げられている老後破産。定年後に低収入になり、生活が困窮してしまい、破産状態になってしまう事と言われています。 なぜ老後破産が起こるのでしょうか?老後破産になる原因とは?どんな人がなりやすいのでしょうか? 超高齢化社会の日本ですが、ますます、この様な事態が増えていくのでしょうか?

公職選挙法改正!18歳からの投票権!高校生の選挙運動の境界線をわかりやすく解説!

2016年6月17日 、選挙年齢を20歳から18歳に引き下げられる改正公職選挙法が 参議院本会議で可決されました。 これによって現役の高校生、大学1年生に選挙権が与えられることになりました。 特に有権者が混在する高校においてのような対応をとるか、他にも ネット上での公職選挙法 に違反しやすい事例など、様々な気を付けるべき点をまとめていきます。

女子大生に人気のスニーカー10選!洋服にも合わせやすくお洒落な靴!

女性にとってオシャレする事は、一番大事な事です。まして人が集まる街に出かける場合は、地元で過ごしている服装なんてもってのほかと考えている方も多いでしょう。 女性でオシャレに気をつけていない人ってそうそういないですけどね。特に流行に敏感な10代後半から20代前半の女子大生は流行のトレンドを押えていないと、まわりに取り残されてしまったのではないのか?とそんな錯覚に陥る事もあるのでしょう。

企業に必要とされるメンタルヘルスマネジメントの資格とは?役立て方や試験の内容とは?

 仕事上の悩みを抱える人が増え、休職や退職を余儀なくされる人々があとをたちません。 退職まで至らなくても、仕事上の悩みを抱えたままでは作業の効率が悪く、ミスが増えてしまい仕事場全体の士気にも影響してきます。 働く人たちの悩みを解決するためには、心の健康管理 (メンタルヘルス・マネジメント)が大事になります。  企業側は、社員のメンタルヘルスケアについて組織として取り組んでいくことが大切です。

消費税10%に増税によって始まるマイナンバーを使った消費税還付制度!メリット・デメリット

少し前に上がった消費税。現在は8パーセントの消費税ですが、2017年4月から10パーセントに引き上げになる話は皆さんもご存知かと思います。 このために、消費税還付制度が自民党と公明党で大筋で了承されました。そもそもこの内容ってどんなものなのか。言葉だけ聞くと消費税で払った金額が多少なりとも返ってくるような気がしますよね。 消費者の私たちにとってはどのような条件で還付されてくるのか、その制度のいいところや悪いところも気になるところですよね。少しずつ内容を見ていってみましょう。

原子力発電の仕組みは?地域の反対を押し切って再稼働するのはなぜ?メリット・デメリット

川内原発が1年11か月ぶりに原子力発電所が再稼働し始めました。東日本大震災以降、放射線被害により原子力発電所はバッシングを受けています。地域周辺住民の反対を押し切ってまでも危険なものを再稼働するのはなぜなんでしょうか? 今回は、原子力発電所の仕組みやメリット・デメリットをわかりやすくご紹介します。

少子高齢化が進み増え続ける空き家問題! 大きな社会問題に!

最近、TVの番組やニュース、雑誌等で取り上げられる『空き家問題』。今、大きな社会問題になっています。人の手が入らず、管理が行き届どかない空き家は、周りの環境や景観に大きな“リスク”をもたらすおそれがあります。今後、私たちにどのような影響があるのでしょうか?

中小企業や個人事業主がマイナンバー制度で取り組むこと

各地各企業ではマイナンバー制度についてセミナーを開催しています。マイナンバー制度は個人情報流出など危険性も心配されていますが、来年の2016年1月から始まります。マイナンバー制度が開始するにあたって中小企業や個人事業主の人が取り組まなければならないことに関して今回はご紹介します。

増え続ける日本の借金 なぜ財政破綻しないのか?わかりやすく解説

日本の公債残高は年々増加していると言われます。財務省の報告によると、平成26年度末には税収16年分の780兆円が見込まれ、急速な悪化でGDPとの比較では最悪の水準になっています。財務省は国債や借入金、政府短期証券を合わせた国の借金の残高が2015年3月末時点で1053兆3572億円になったと発表しましたこの借金は

コーヒーや緑茶で死亡率低下?長寿国には長生きの秘訣が!

国立がん研究センターや東京大の研究チームが日本で行った研究結果に基ずいて発表したものです。全国の40歳から69歳までのの男女約9万人までを対象に、コーヒーと緑茶の1日の摂取量などのアンケートを基に約19年間経過を追跡した結果、統計学的な調整をいれても、コーヒーや緑茶をよく飲む人は心臓病や脳卒中などで死亡するリスクを率が低くなっています。

海外でも被害続出!マイナンバー制度はデメリットのリスクがデカ過ぎる!

来年、平成28年1月から「マイナンバー制度」がはじまります。 政府広報では、「行政の効率化」「国民の利便性の向上」「公平・公正な社会の実現」というメリットを掲げ、今年平成27年10月から住民票を持つ人全員に12桁の個人番号が通知される予定です。 この制度は、スウェーデンが1947年に導入したのを皮切りに