感染一覧

水虫の原因・症状・治療法!水虫になる前に徹底的な予防が大事!

 日本人の4~5人に1人は水虫に感染しているというデータがあります。 “水虫は50代の働き盛りの男性に多い”というイメージが強くありますが、実際の男女比は半々という結果もあり、女性も気をつけなければいけない感染症です。 水虫は治りにくいといわれていますが、正しい治療をすれば完治します。

難聴の種類の症状や原因は?治療法は?

聴覚が低下し音が聞こえにくい状態を難聴と言います。難聴を意識したときにその人の不安が昂じてさらに聴力の低下を進行させてしまうことが多いようです。 難聴にもレベルがありどのような段階で何が原因でどんな症状が出るのでしょうか?

大人も感染する!おたふく風邪(流行性耳下腺炎)の症状・治療法・予防法!

おたふくかぜとは、正式には「流行性耳下腺炎」というウイルス性感染症です。発症すると、耳の下から顎の下にかけて腫れ上がるのが特徴です。頬が膨れた顔の面である「おたふく」に似ていることからその名が付けられました。死に関わるような重い病気ではないものの、場合によっては生殖機能に後遺症が残るため、感染には注意が必要です。

ズル休みの理由に最適?学校や会社を休まなければいけない感染症・病気

皆さんは、学校や会社を休まなければいけない病気と聞いて何を思い浮かべるでしょうか。ほとんどの人はきっと「インフルエンザ」を思い浮かべるでしょう。 感染症の代表みたいなもので、そもそも動けないくらい辛い病気なのですが、大切な仕事があるからと無理に出社しても、他の人に移してしまうリスクの方が高いので、基本的には休まなければ迷惑がかかってしまいます。

インフルエンザ予防接種の最適な時期や持続効果!本当に受けたほうがいいの?

 毎年冬の時期になると、インフルエンザが流行します。インフルエンザにかかると40度を超える高熱に悩まされ、しばらくは動くこともままなりません。 仕事や学校で大事な行事がある人はもちろん、小さな子供は死の危険すらあります。インフルエンザの予防接種も毎年行われており、特に小さな子供がいる親にとっては大きな関心事です。

風邪によく似た症状のマイコプラズマ!効果的な治療法

一般的な細菌よりも小さく、ウィルスよりも大きい寄生生物で、そのほとんどが病原菌です。人が感染すると関節症や肺炎などを引き起こし、空気感染によって周囲に広めてしまうため、予防や対策が重要になってきます。風邪と似た症状があり、抵抗力の弱い5歳~14歳の子供に多く発症します。最近は大人が感染して重症化するケースも多いです。

エイズ患者に触れただけでは感染しない!偏見をなくす勇気ある行動に絶賛!

エイズというのはHIVというウイルスの感染によって起こる病気です。よく誤解されますが、手を触れたりしたくらいでは、ウイルスがうつることはありません。ハグでもうつりません。頬にキスしたってうつらないのです。 HIVが感染するのは、セックスと、母子感染つまり出産によるとき、そして血液感染、直接血液と血液を混ぜてしまう

大人にも増えている百日咳の症状や治療法

百日咳は、百日咳菌の細菌による飛沫感染によって引き起こされる急性の感染症です。乳幼児の時期の定期予防接種の対象になっています。ワクチンの効果は一生続くわけではないので近年では年長児や大人の罹患率(りかんりつ)が高くなってきています。近年では、大人も百日咳にかかる事例が増えています。どんな症状でどんな治療法が効果的か?

マダニの感染症は恐ろしい!予防や対策をしっかりして野外活動を楽しもう

ハイキングやキャンプなど野外に出る機会が増える夏です。半ズボンや半袖シャツなど、軽快な服装で歩き回ることがありますが、野山や草むらに入るときはマダニに注意が必要です。マダニに咬まれると恐ろしいことになりかねません。せっかく楽しい時間を過ごせても一瞬で空気を壊してしまう恐れもあります。しっかり対策しましょう。

ダチョウの卵でMERS抗体大量精製!韓国で感染拡大は終息するのか?

韓国で感染が拡大している中東呼吸器症候群、MERSコロナウイルス効く抗体を、京都府立大大学院動物衛生学の塚本康浩教授のグループが、ダチョウの卵を使って大量精製することに成功しました。現在はまだ共同研究の米国陸軍感染症医学研究所で検証中なのですが、韓国や米国へはすでに配付済みだとのことです。

韓国でMERS(マーズ)患者死者急増!日本でも感染する可能性は?

 韓国保険福祉省の発表によると、韓国で男女二人がマーズに感染して6月2日に死亡しました。そして、6月2日現在、韓国では1300人が隔離対象となっています。感染発覚から急速な感染拡大の為、日本に来るのでは?という不安の声も数多く上がっています。現時点で、政府からの明確な指示は出ていませんが、どう対応していくのでしょうか。

大人のみずぼうそう発症から完治までの症状

ウイルス感染症の一種で9歳以下、特に乳幼児でかかる人が多く、1度かかると2度とかからないと言われています。ただしこれは、感染しても発症しない、と言う意味で、罹らないと言うことではありません。普通は10日間から21日間くらいの潜伏期間を経て発熱、発疹、水ぶくれ、かさぶたの経過を辿って治ります。