2015年6月1日から始まった知っておきたい自転車の取り締まり規制内容

6月から自転車運転規則が強化されて取り締まりが厳しくなっています。日本では、自転車運転の取り締まりは厳しくありませんでしたが、新たに自転車運転の危険行為が追加されました。自転車に乗る方はもちろん、自転車に乗る学童や学生の保護者も知っておいた方が良い規制内容です。違反者には罰則もあるので規制内容は理解しておきましょう。
自転車取り締まり規制内容

スポンサーリンク



規制の内容

事故を誘発するような自転車の運転を危険行為として、明文化したものです。以下の14項目が危険行為として違反の対象になります。

スポンサーリンク

  1. 信号無視
  2. 通行禁止違反
    車両の通行が禁止されている区間を通行した場合など、です。
  3. 歩行者専用道を、自転車を運転して通行する場合
  4. 通行区分違反
    自転車の通行が禁止されている区間を通行した場合などです。
  5. 路側帯の歩行者を妨害する場合
    自転車の通行が認められていても、歩行者の通行は妨害できません。
  6. 遮断機が下りた踏み切りへ進入する場合
  7. 交差点での優先道路通行車を妨害する場合
    交差点で右折する場合などで、直進や左折の車の進行を妨げる場合には、危険行為にみなされます。
  8. 交差点での右折車妨害
    信号機の無い交差点で、左からの進行が優先されている車両の進行を妨害する場合、などです。
  9. 環状交差点での安全進行義務に違反する場合
    信号機の無い円形の環状交差点で、円形内の車両の通行を妨げる場合、などです。
  10. 一時停止の標識を無視する通行違反
  11. 歩道での歩行者の通行を妨害する違反
    歩行者の通行を妨げるような速度や走り方をした場合です。
  12. ブレーキがないなどの制御装置不備や整備不良の自転車の運転
  13. 酒酔い運転
  14. 安全運転義務違反
    スマホ(スマートフォン)を操作しながら自転車を運転して事故を起こした場合がこれにあたりますが、運転中のイヤホンの使用も対象になります。

信号を守るのは、交通規則の大前提です。今まで、自転車も車両であるという意識が薄かったために、このようにして再認識を促すことになったようです。

違反した場合

14歳以上は刑事責任の対象となりますので、今回の危険運転の対象者も14歳以上が対象になります。

運転者が、危険行為をして違反切符を切られたり、交通事故を起こすなどの行為を、3年以内に2回以上繰り返した場合には、都道府県の公安委員会から講習の受講命令が下ります。

受講料は5700円です。もしも受講しなかったときには5万円以下の罰金となります。

例えばカナダでは、自転車は車両なので歩道は通行できません。車道を通行するか、車道内の自転車専用区分を通行するようになります。

歩行者の安全はそれによって大分確保されているように思いますが、反面、自動車の運転者にとっては危険が増大します。

なぜなら通行量の多い市街中心部で、特に増え続けている高年者の自転車がいつフラッとしてそばを走っている車に接触してくるか分からない不安があるからです。

市街地での自転車専用車線が急速に整備されて増えてはいますが、いつでも気持ちにゆとりを持って自転車走行に対応することが求められています。

スポンサーリンク

この記事をお届けした
よぴとれの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
おすすめの記事

おすすめの記事


フォローする