季節一覧

巻き方ひとつでモテる?お洒落なマフラーの巻き方!【メンズ編】

11月を過ぎると空気が凛としてきます。冷やかな空気も気持ちがいいものですが、やはり首元が寒いと体を温めてもすぐに冷え冷えになってしまいます。 寒い冬の季節には首元を温めるだけで肌着1枚分の温かさを手に入れる事ができます。厚手のマフラーだけでなく薄いマフラーでも同じ様な効果が得られます。 マフラーの巻き方でもお洒落な方とそうでない方にわけられてしまいます。

冬場の窓際トラブル対策!結露ができる仕組みを知って最善の対策をしよう!

日本の冬の各家では、毎朝窓ガラスにビッチリついている水滴・結露を取り除く作業が行われているのです。意外とこの作業は大変なのです。 雑巾で拭いていても、すぐにビチョビチョになってしまうので絞りながら吹き上げて行きます。手は冷たくなるし、結構手間な作業になります。 この結露を取らないとカビが発生してしまいます。結露対策になにか良いものはないのでしょうか。

結露防止ヒーターのメリット・デメリット!電気代と費用対効果は?

11月半ばを過ぎると、だんだん寒さも増してきます。寒くなれば当然、暖かさを求めるのが自然の摂理です。家庭では暖房器具が活躍し始めるのも、寒さが身にしみる季節です。 家の中が暖かくて快適な状態になればなるほど外気との温度差が激しくなっていきます。 気温差が大きくなればなるほど、表面に浮き出てくる問題が「結露」です。

暖房の設定温度は難度が適切?効率的な使い方で電気代も大幅改善できて家計も大助かり!

暑い夏が過ぎると、いったんエアコンの稼働率が下がります。 11月を過ぎた頃からエアコンによる暖房運転を開始される方が徐々に増えて来る事でしょう。気になるのは電気代ですよね。 冷房はエコ活動もあって節電をかなり強調していますが、暖房の時の設定温度は何度が適正で、電気代はどのくらいかかるのか、夏よりかなり不明瞭になっている気がしませんか?

伊勢神宮の初詣!渋滞・混雑回避方法・避けられる時間帯はいつ?

伊勢神宮は三重県伊勢市にある、日本の神社を取りまとめる神社でもあります。 毎年の初詣の人数は半端ない人数が訪れて内宮に祀られている天照大御神に新年のご挨拶をしています。本来であれば外宮に祀られている豊受大御神に新年の挨拶と五穀豊穣を願ってから天照大御神の内宮にいくのが正式とされています。 今の方にはパワースポットに行って来た~くらいしかないかもしれませんけどね。

クワガタの飼育の仕方!エサや飼育環境の作り方までわかりやすく教えます!

夏休みになってお父さんと雑木林や里山でクワガタを取ってきたものの、クワガタをそのまま虫かごの中で放置してはいませんか? それだとクワガタを折角捕ってきたのに、クワガタが可哀想です。小さい虫にの命が存在しているわけですから、とってきた場合は最後までちゃんと面倒を見ましょう!

日本で採取できる主なクワガタの種類!生態や特徴・寿命もわかる!

 小学生の夏休みの昔の定番は昆虫採集や昆虫観察と言ったものもありました。現在では昆虫採集は一部の大人の趣味になっている様です。 特にクワガタは昔から子どもの憧れの昆虫でした。カブトムシとクワガタでは扱いも違っていたくらいです。 今ではデパートで販売もされており、高額な物は数万円にも上っています。そんなクワガタについて紹介していきます。

ふわふわのかき氷の作り方!リーズナブルでお洒落なかき氷機と氷の作り方!

かき氷と言えばお祭りで食べるようないちごやメロンのシロップがたっぷりかかった、粗めに削られた氷が特徴でした。 しかし、最近ではかき氷事情も変化し、ふわふわのかき氷が話題を呼んでいます。とはいえ、ふわふわのかき氷はお店で食べると少々値段が高く、頻繁に通うのは厳しいと感じている方も多いのではないでしょうか。

打ち上げ花火はどの位置からの見え方が綺麗?下から・横から・それとも真上から?

 日本の夏の夜空を彩るのは、打ち上げ花火です。毎年7月の半ば過ぎごろから毎週末日本のどこかで大小問わず花火大会が行われています。 花火大会の規模によって打ち上がる花火の数も1000単位から多い花火大会では1万発を超える大会もあります。 この打ち上げられた花火はどこから見たら一番綺麗に見えるのでしょうか?

打ち上げ花火の仕組み!種類や打ち上げ高さ・直径など知って花火大会をより一層楽しもう!

夏の夜空を綺麗に彩るのは日本古来の打ち上げ花火です。今では「たまや~」「かぎや~」なんて掛け声を発する人も見かけなくなりました。 時代と共に変化するのも文化の特徴ですが、この打ち上げ花火も例外ではありません。打ち上げられる花火が形や色までが鮮やかになっています。 もうすぐ夏のイベントが毎週のように行われます。花火大会もそのうちのメインイベントです。今年はどんな花が夜空を飾るのでしょうか。

友達やカップル・家族と!この夏絶対にやりたいオモシロ手持ち花火20選!

夏の定番の花火ですが、手持ち花火の他にも地面において楽しむタイプの花火や小さいながら打ち上げ花火なども多数販売されています。 手持ち花火を含むこれらの花売を総称して、おもちゃ花火または玩具花火といいます。今回はみんなが楽しめる、おもちゃ花火を紹介していきます。

手持ち花火の種類!夏は思いっきり花火で楽しもう!花火の写真の撮り方も紹介!

夏の定番イベントと言ったら、打ち上げ花火です。この打ち上げ花火の煌びやかさは天下一品です。 日本の夏は花火の季節と言っても良いでしょう。7月に入れば、毎週末日本のどこかで必ず、夜空を壮大な音と共に色鮮やかな花火が夜空を彩っています。でも、みんなで楽しむならやっぱり手持ち花火です。