生き物一覧

日本で身近に見ることができるバッタの代表的な種類!

日本の自然環境の変化も著しく、ついこの前まで雑木林だった所に家が立っていたり、子供たちが駆けて遊んでいた広場までもが、住宅に変わってしまっています。 その様な所に生息していた昆虫たちはどこに行ってしまうのでしょう。 本来であれば自宅の庭先にバッタを見かける季節でも、見かけなくなっていたりしませんか?自分たちのすぐそばにいる、バッタを何種類か見て行きましょう。

雪虫ってなに?妖精と呼ばれる正体とは!北の国では名物だが東京や大阪では害虫対策も!

一体この雪虫とは何なのでしょうか?初めてこの名前を聞いた方も多いと思います。 冬の名物だよ。と言う方はその地方に住んでいる、または住んでいた方でしょう。この雪の妖精「雪虫」とは一体どんな生きもので、正体は一体なんなのでしょう。 この雪虫をチェックしていきましょう。

日本に生息するハエの種類!卵・ウジ虫・寿命・生態

ハエがたかってる~!といってハエ除け網をテーブルの上に被せていたり、天井からハエを取る為の粘着力が強いベタベタの物をぶら下げていませんでしたか? これは全てハエから攻撃を防御するための道具です。 人間はハエに対しての先制攻撃してもかわされてしまうのがオチです。でもハエって見てはいるけど細かい事まではと言う方も多いでしょう。

日本に生息する蜘蛛の種類!毒蜘蛛にはむやみに手を出してはならない!

スパイダーマンは皆さんご存じだと思います。スパイダーマンになった彼、ピーターはどうしてスパイダーマンになったのでしょう?そうです。 科学研究所の怪しげな蜘蛛に咬まれたからスパイダーマンになってしまったのです。 そうなると毒蜘蛛にさされた!?ってことですよね。身近にもたくさんの蜘蛛が存在しています。危険な蜘蛛から触っても平気な蜘蛛までいます。それでは身近な蜘蛛を検索!

日本に生息するアリの種類!体長・特徴・食性

アリと言うと、黒くて小さくて列をなして歩いている、昆虫。アリとキリギリスと言う童話をご存じの方も多い事でしょう。 アリが勤労に従事している時にキリギリスは遊び呆けいている。と言う話ですが。アリは確かに死んだ昆虫などを運んでいたりしています。それが働いていいるように思われています。 人が実際に目にしているアリの数は、アリの巣にいる総数のわずか3%ぐらいしか見ていないのです。まじか!?って思いますよね。

日本に生息する蚊の種類!蚊に刺されたら痒くるのはなぜ?

日本の夏の風物詩のブタの形の蚊取り線香皿。渦巻きの形は小さくコンパクトでかつ長時間使用できる。理想の形とも言っていいでしょう。 蚊取り線香を使うと言う事は蚊が活動している証拠です。今は蚊帳なんて言葉を知らない方も大勢います。でも蚊取り線香や虫よけ薬剤は多くなって来ています。 それだけ蚊が多くなってきているのでしょうか?日本にはどれだけ蚊がいるのでしょうか?

日本に生息するゴキブリの種類!北海道にはいないってホント?冬の寒い時期は越せないのか?

ゴキブリを見ると一瞬驚いて後ずさりしてしまう事ってありますよね~。 嫌悪感だけでなく恐怖や汚い等のイメージが強いのがこのゴキブリなのです。なぜゴキブリを人間は意味嫌うのでしょうか? 確かに汚い・気持ち悪いと言っただけではここまで嫌われることは無いはずです。でも中には、日本では珍しい外国産のゴキブリをペットとして飼っている方もいるとか・・・