お金一覧

クレジットカード決済システム導入が簡単!AirPAYで効率化・コストカットが実現可能に!

Airpayと聞いてピンとくる方は、個人商店や商業施設で働いている方が多いのではないでしょうか。 まだ、日本の店舗では見かける事が少ないこのAirpayのシステムですが、他のカード払いや交通系の電子マネーにでも対応ができるのでしょうか?カードのなりすましやスキミング対策はどうなっているのでしょう。などなど、不安感が多少ありますよね。

簡単にできる風水で金運アップする方法!我が家にもお金を呼び込もう!

風水は中国4000年の歴史から編み出された、土地の気の流れによって編み出された環境学の一つです。古来中国ではこの気の流れを利用した都市作りや家の建て方をして気の流れを制御していたと言われています。 気の流れをどうやって知るかについては人の行動によって運が変わる。その人の環境が運を決める!と言う考え方になります。運が無いな~と感じる場合は何らかの環境が関係していると思って下さい。

個人型確定拠出年金の手数料はどこの会社がお得?年間いくらかかるの?

年金だけでは、老後の生活に不安がある方も大勢いらっしゃる事でしょう。でもどうしたらいいのか分からないですよね。 会社員の方なら厚生年金があるので、問題は少ないでしょうでも、国民年金だけを貰って生活して行こうと思っても、もらっている額では到底生活する事はできないです。 そこで年金をもらう前に少しの自己資金を使用して、60歳になった時にもらえる年金額にプラスされたらこれ以上の事はないとは思いませんか?

個人型確定拠出年金の資格者条件とは?控除額はいくら節税効果があるのか?

年金を貰う時にあの時に個人型確定拠出年金をしておけばよかった。と思う時が来るかもしれません。 現段階では、金額に余裕がないから・もらっても微々たるものだから等の理由で個人型確定拠出年金を行わない方も大勢いることでしょう。 また初めてそんなの聞いたよと言う方もいるはずです。個人型確定拠出年金はいわゆる年金構造の3階の部分にあたりますから、行うか行わないかは個人の裁量にまかされているゾーンです。

個人型確定拠出年金を始める前に知っておくべきメリット・デメリット!

日本の年金制度が波状し始めていまいす。昔は60歳から年金を受け取る事ができましたが、最近では65歳からの年金給付になっています。 この年金が給付されるまでの5年間を再就職を行うか、それとも個人型確定拠出年金と退職金で乗り切るのかなど、会社を退職した後に、自分で運用の仕方ができる個人型確定拠出年金から、少しずつお金をもらう方がよいのでしょうか?

企業型確定拠出年金のメリット・デメリット!

現在の日本の年金制度は国民年金・厚生年金の2つが主になっています。ただこの年金制度では現在の所は60歳から65歳の間でも減額されながらも受給する事ができます。 今後この制度が無くなり65歳からの受給開始のみになった場合は再雇用先が無い方はどうすればいいのでしょう。その為に、年金型保険に加入している方もいると思いますでは、その他には何があるのでしょう?

外食やショッピングでモニターをしてお小遣い稼ぎをしよう!【ファンくる】

お手軽に始められて、なおかつお得なアルバイトってないもんかな~?なんてアルバイト紙をペラペラめくっていませんか?お手軽で、それもお得なアルバイトって実はあるんです。 それは覆面調査員!堅苦しく言うとどこかの探偵社みたいですけど、簡単に言うとミステリーショッパーです。ミステリーショッパー!?ってなんですか!?て方もいると思います。

禁酒をするなら小さな目標設定から!禁酒ができればお金が貯まる?

禁酒を考える時は必ず何かがあって初めて思う物かもしれません。それが健康診断だったり、体がどうも調子が悪い、子供たちに心配をかけているなどさまざまな理由があるはずです。 しかし、突然禁酒すると思い立ってもなかなかできないのが現状です。ではどうすれば、禁酒をする事ができるのでしょう?どんな方法が簡単なのでしょうか?

結婚前に必要な理想の貯金額は?貯金を習慣化して将来の不安を少しでもなくそう!

お互いが好きなもの同士で結婚を考えると気になるのは結婚にかかる費用。さらには結婚後にかかる費用。 それまではお互いに独り身で自分で使えるお金が十分にあったわけです。これからは共に生活して、子供が生まれれば子供にかかる費用も考えていかなくてはいけません。 そこで、今回は結婚にかかるお金やそれまでにどれくらい貯金が必要なのか。さらには結婚後の貯金方法などを解説していきます。

初めての一人暮らしの費用っていくら必要?費用を抑えるコツは?

就職や進学によって1人暮らしを初めてする方が多くなるのが春先です。慣れている方は問題ないのですが初1人暮らしは費用や様々な面で不安が大きいものです。 そんな方々の為に少しでも不安を解消出来たらと思います。1人暮らしは若い方には憧れを抱く物です。しかし、憧れだけでは生活は成り立つ事はありませんのでどれくらいの費用がかかるか紹介していきます。