一覧

スキューバダイビングって泳げなくてもOK?沖縄のおすすめスポット

スキューバダイビングやってみたいけど今更できるの?泳ぐのが苦手だけどやってみたいなという方心配いりません。 スキューバダイビングは大人で健康な方なら誰にでもできますし、泳げないといった方も全く問題ないのです。 問題ないといってもスキューバダイビングするたにいろいろ手続きがあって面倒なんじゃないの?とお考えのあなたにお手軽に沖縄でスキューバダイビングを楽しめちゃう&体験できるオススメスポットを紹介します。

水の上を走れるウォーターボール!日本で体験できるスポット5選!

 ウォーターボールとはボール状のビニールの中に入って自分の手や足を使い進む遊びで、水が嫌いな方でも気軽に楽しめられるアトラクションみたいなものです。 形はボール状だけではなく横に長かったりと変わった形もあるので体験してみてください。 中に入れる人数は1~3人ぐらいで形状によって変わってきます。 子供から大人まで気軽に楽しめられるそんなウォーターボールが体験できるところを今回は紹介していきます。リーズナブルで遊べるのでおすすめです。

絶対楽しい!日本でフライボードが体験できる場所5選!

フライボードは水圧の力によって飛ぶことができるマリンスポーツです。 歴史はまだ浅くGoogleのCM等で話題が一気に沸騰し人気のレジャーでもあります。 見た感じでは、危なそうに見えるかもしれませんが、協会が安全規定を定めているので安全だそうです。時期は大体4月から1月ぐらいまでになります。 10分~15分間両手、両足からノズルを通して水上バイクの水圧をかけているので自分で操作できるのが面白いです。

ジェットスキーの免許・運ぶための牽引免許の費用は?取得期間や難易度は?

 夏になるとマリンスポーツがしたくなりますよね。その中でもスピードがでていろんな遊び方ができるジェットスキー。 最近(平成15年)に免許が改正され特殊小型免許が必要となっています。今回は初めて免許を取ろうとしている方に向けて取得方法や費用、期間そして遊び方について紹介していきます。

海で100倍楽しく遊べるジェットスキー!スリルも味わえる遊び方5選!

ジェットスキーってなんだか水面をものすごく早く競争する乗り物、映画などでそんなシーンのイメージがあるといった方が多いかもしれませんが、ジェットスキーにはいろんな遊び方があるのです。 スピードを出して遊ぶのは勿論、浮き輪やボードを使った遊びもたくさんあるので飽きません。

朝顔の育て方!育てやすい花だからたくさん咲かせよう!

朝顔は奈良時代の末期に遣唐使が日本に持ち込んだのが始まりとされています。 当時は薬用植物として珍重されていました。小さな種だけど、やがて美しい花を咲かせてくれるその過程は生命力にあふれて、私たちの心を和ませてくれます。 とっても育てやすいので、ぜひ朝顔を育ててみましょう。

潮干狩りの服装や必要なものは?潮干狩りで多く収穫するコツを伝授!

春の季語にもなっている潮干狩りですが、実際には、まだ寒さの残る春よりも初夏の方が好ましいようで、ゴールデンウィークの頃になると、天候の良い日を選んで潮干狩りに出かける人が多くなります。 夏を過ぎると、せっかく出かけても成果があまり期待できないと言われています。

サビキ釣りの仕方!場所が良ければアジ子が入れ食い状態に!

 仕掛けが簡単で誰でもが楽しめるサビキ釣りは、初心者の小さいおこさんからベテランのお父さんまで、一緒に賑やかに楽しめます。 応用のトリックも多く、特殊なサビキ仕掛けもあって奥は深いのですが、初夏の頃になると波止のあたりでは家族連れで楽しむ姿が見られるようになります。

頭皮の日焼けは気づきにくい!乾燥したらフケ大量発生の原因に!

夏になると特に女性は焼けないように日焼け止めを塗ったり、日傘をさしたりと日焼け対策をしはじめます。 肌の日焼けは目に見えて分かるものなので未然に防ぐことができますが、頭皮の日焼けなんて聞いたことはあるけど本当に焼けてるの?と思う方も多いでしょう。実は皮膚の日焼けの中でも気づきにくく危険な日焼けの一つです。

上手に水着・ビキニを着こなすための選び方

毎年夏が近づいてくると、プールや海などといった夏らしいイベントが増えてきます。そこで水着を新調する女性も覆いのではないでしょうか。 毎年買い換える人はデザインも色も去年のものとはまったく違うものを選んで着まわすようにするようです。そこでいつも考えるのが、どうやったら綺麗に着こなせるかということです。

海水浴場にいるクラゲは毒はある?見分け方は?刺された時の対処法

お盆を過ぎてから海に入ると、あたりにクラゲがふわりふわりと浮かんでいるのを見かけます。クラゲの種類によっては、危険な毒を持っていることもあります。強力な毒を持っているクラゲも発生し刺されれば命の危険もあるのです。今回は、毒を持つクラゲの見分け方からもし刺された時の対処法の対処法をご紹介します。

日本に生息するコオロギの種類・鳴き声・飼育の仕方

海外では50mm以上の大型もいますが、日本のコオロギの成虫は体長が10mm前後くらいから40mmほどで、中には数mmくらいの小さな種類もいます。色は黒やこげ茶が多く、田畑、草原、森林、人家の周囲などの地上に生息しています。ほとんどのコオロギは夜行性で、雑食です。オスの成虫の翅にはやすり状の発音器や共鳴室が備わっていて

子供と楽しく遊べて小学生の自由研究にも使えるシャボン玉の実験

大きくふくらんだ虹色のシャボン玉がふわふわと青空へ。「わーい、飛んだ、飛んだ」それを追いかけて、おとなも子どももにこにこ笑顔。 シャボン玉液と道具を工夫して、大きくて割れにくいシャボン玉を作ってみましょう。夏休みの宿題で出る苦手な「自由研究」のテーマでも使え楽しく実験できます。

マダニの感染症は恐ろしい!予防や対策をしっかりして野外活動を楽しもう

ハイキングやキャンプなど野外に出る機会が増える夏です。半ズボンや半袖シャツなど、軽快な服装で歩き回ることがありますが、野山や草むらに入るときはマダニに注意が必要です。マダニに咬まれると恐ろしいことになりかねません。せっかく楽しい時間を過ごせても一瞬で空気を壊してしまう恐れもあります。しっかり対策しましょう。

夏バテ防止レシピ!苦手な人も大丈夫!ゴーヤを食べて暑い夏を乗り切ろう

人気の夏野菜といえばゴーヤ。独特の苦味とシャキシャキとした食感がたまりません。沖縄料理ゴーヤチャンプルは、今や全国の定番料理になっています。それもそのはず、ゴーヤは夏バテ予防に絶大な効果があるのです。 ゴーヤは夏の元気のもと ゴーヤには、多くのビタミンCが含まれています。なんとレモンの4倍も!ビタミンCは体の

日本で採れるカブトムシの種類!長生きする飼育の仕方

カブトムシは昆虫の王様と呼ばれて、特に子供たちから大変人気のある大型の甲虫です。2005年頃には「昆虫王者ムシキング」が流行り、ゲームセンターにはこどもの大行列ができました。世界中には1000種類のカブトムシがいるそうですが、日本で採取できる種類はあまり多くありません。

暑い夏を乗り切るおすすめのひんやりグッズ10選

また暑い夏がやってきます。そして今年は東北や北海道を除いて、例年より暑い夏が予想されています。暑い夏が続くと、エアコンをつけっぱなしで電気代がかかります。少しでも節電して、より快適に熱い夏を乗り越えられるような手軽に使えるひんやりグッズをご紹介します。