症状一覧

咳喘息の治療法!咳が止まらず夜も眠れない!そうなる前に予防治療が効果的!

子供の病気と思われがちな気管支喘息に対し、最近大人の患者が年々増えている咳喘息。 風邪の症状と似ていることや、発熱がないため、ついつい病院へ行くのを後回しにしがちな咳喘息ですが、放っておくとその30~40%が気管支喘息に移行し、完治も遅れてしまう病気なのです。 そこで、今回は咳喘息の治療法をご紹介したいと思います。

最近多い咳喘息!咳の症状で苦しむ5つの原因をチェック!

喘息というと子供の病気といった印象を持っている人が多いのではないでしょうか。 喘息と聞くと、ヒューヒュー、ゼーゼーと言った音を伴い、呼吸が苦しいといったイメージがありますよね。しかし、喘息には大きく分けて2種類あり、子供に多いと思われているのは気管支喘息の方なのです。 そして、もう一方の喘息を咳喘息と言いますが、実は近年この咳喘息の患者数が急増しているそうなのです。それはどうしてなのでしょうか。

胃アトニーって何?胃下垂とどう違うの?原因・症状・治療

 みなさん、胃アトニーという言葉を聞いたことはありますか?きっと、初めて聞いたという方も多いのではないでしょうか。 では、胃下垂という言葉はどうですか?胃下垂は聞いたことがある方も多いと思います。胃下垂と胃アトニーは似たようなものですがどう違うのでしょうか?

富士山登山の前に知っとくべき高山病の対策・予防!

TVのバラエティ番組で世界の山を登る企画物で登山の楽しさや厳しさを拝見する事があります。そこで、度々耳にするのが「高山病」。スタッフが「高山病で下山」なんて、お茶の間の笑いを取るようなナレーションがはいります。 しかし、高山病ってどんな病気なのかよくわからないです。高山病について紹介していきます。

鼻水が喉に!もう後鼻漏で苦しまない!原因、治療法を知って解決しよう!

健康な人でも毎日1リットルから1.5リットルの鼻水は常に作られています。乾燥からのどを守り、ウイルスや空気中のごみを鼻水でからめとるために1リットルの鼻水は必要です。 通常1リットルの鼻水のうち半分以上はのどに流れ落ちていますが、鼻水がサラッとしていて何も症状がなければ全く問題ありません。 ところが鼻水の量が増えたり、鼻水の色が黄緑色になってしまうと不快な症状がでてきてしまいます。これが後鼻漏とよばれる症状です。

赤ちゃんの日焼けの症状と対処法!紫外線が強いときは対策も忘れずに!

 子育て中のママさん、赤ちゃんの日焼けについてどのくらい意識されていますか?  これから春へと温かくなると、赤ちゃんを連れて外出もしやすい季節になりますよね。そこで気になるのが赤ちゃんの日焼けです。 今回は赤ちゃんの日焼けについて対策を交えながらお伝えします。

股関節の痛みの原因!猫背や姿勢の悪さも関係ある?

 人間の骨組には大小さまざまな関節があります。その中で一番大きい関節が股関節になります。 この股関節は人間にとって最も重要な役割を担っています。立つ・歩く・走る・飛ぶ・座るなど人間の動作の基本をつかさどっている関節なのです。そのため、関節にかかる負担は大きいため痛みが発生する率も多くなります。

ジカウイルス以外に小頭症になる原因は?症状はいつから出始める?

 現在赤道を周辺で流行しているジカ熱ですが、このジカウィルスに妊婦が感染すると胎児に影響がでる可能性があると言われています。その一つが、小頭症と言われています。 この小頭症とはどんな病気なのでしょうか? ジカウィルス以外にもこの病になる恐れがあるのでしょうか?

旅行者は最善の注意を!ジカ熱の対策はどうすればいい?リオオリンピックへの影響は?

ジカ熱。日本では、あまり聞きなれない病ですが、世界的にはどうなのでしょう?また何が原因で発症するのか?どんな症状が起きるのか?対処方法があるのか?等を紹介していきたいと思います。  2015年はデング熱が流行したので、ウイルスを持ち込めば、十分流行する恐れもあります。

薬に頼らず咳などの不快症状を治す食べ物!

 毎年、1~2月は風邪をはじめインフルエンザなどの流行シーズンと言われていますが、妊婦さんやちいさな子供など、強い薬を飲めずに困っている方も多いのではないでしょうか。 そしてなかでも厄介なのが「咳」。病院に行けば妊婦さんや子供でも処方してもらえる薬はありますが、できれば薬に頼らず風邪や咳の不快症状に治したいですよね。

手足がしびれる原因は?症状にあった治療法!

手足のしびれを感じている人が多いといわれますが、その症状はしびれている場所やしびれの程度がさまざまです。 手足がしびれるようになると、はっきりした原因がつかめないまま日常の生活にも支障が出る場合もあると言いますし、早めに受診したほうが良いようです。

水虫の原因・症状・治療法!水虫になる前に徹底的な予防が大事!

 日本人の4~5人に1人は水虫に感染しているというデータがあります。 “水虫は50代の働き盛りの男性に多い”というイメージが強くありますが、実際の男女比は半々という結果もあり、女性も気をつけなければいけない感染症です。 水虫は治りにくいといわれていますが、正しい治療をすれば完治します。

虫歯予防をしながら削らない治療法の自然治癒!効果がある歯とは?

虫歯は、大人にとっても子供にとっても馴染みの深いものです。 風邪と同じように誰でもが虫歯になりやすく、それだけに子供の頃から毎日歯を磨いたりして日常的な世話をしているわけですが、それでもチョットした油断や原因で虫歯になってしまう人が多いようです。