違い一覧

ナメクジの生態ってカタツムリと違うの?ナメクジの駆除の仕方

ナメクジはカタツムリの貝殻が徐々に退化してナメクジ化したものです。カタツムリならば手に乗せる子供も多いようですが、環境に順応して進化してきたナメクジは、どうもあまり人気が無いようです。今回は、ナメクジとカタツムリの違いやちょっと嫌ってしまうナメクジの駆除の仕方についてご紹介します。

山芋や長芋違いは?とろろで痒くなるのはアレルギー?

日頃呼びなれている名前で、意外と正確には判っていなかったりするもののひとつに、山芋と長芋の違い、があります。夏場には、粘り気を活かした「とろろ」が人気商品となっています。その一方とろろを食べたら口が痒くなるなんてことも人によってはあります。今回は、山芋・長芋についての知識を紹介します。

日本に生息するコオロギの種類・鳴き声・飼育の仕方

海外では50mm以上の大型もいますが、日本のコオロギの成虫は体長が10mm前後くらいから40mmほどで、中には数mmくらいの小さな種類もいます。色は黒やこげ茶が多く、田畑、草原、森林、人家の周囲などの地上に生息しています。ほとんどのコオロギは夜行性で、雑食です。オスの成虫の翅にはやすり状の発音器や共鳴室が備わっていて

ものもらいは人にうつらない|症状・治療・予防

ものもらいとは地方によっては「めばちこ」、または「めいぼ」とよばれることがあり、正式には麦粒腫(ばくりゅうしゅ)と霰粒腫(さんりゅうしゅ)と言う病気です。一般的には「ものもらい」と聞くと人にうつるというイメージが強いですが、実際には人にうつることはありません。

日焼けしやすい人ってどんな人?焼けてしまったらアフターケアは大事

日焼けすると肌が褐色をおびてきます。日光の下にいて赤くなるのはサンバーンと呼ばれる現象で、同じ日焼けでも性質の違うものです。メラニン色素には紫外線によって体の細胞が損傷するのを防ぐ機能があります。そのメラニン色素を作り出すメラノサイト呼ばれる細胞が少ないと、日光に含まれる紫外線が皮膚に吸収されてしまいます。

ドライアイにコンタクトレンズはNG?ドライアイの原因を知って予防・改善しよう!

目を守るのに欠かせない涙の分泌量が減ったり、涙の質が低下したりして涙が行きわたらなくなり、目の表面が乾燥して傷や障害が生じる病気です。症状としては目の乾き、目の痛み、目の疲れ、目の充血、目の痙攣等、他にも様々あって、生活習慣病の一つに数えられています。