飼い方一覧

ミーアキャットの飼い方!気になる値段や必要なものからしつけまで!

テレビの動物番組や動物園でも見かけることの多いミーアキャットです。 みんなが寄り添って太陽に向かって日光浴をしているシーンが目に浮かぶと思います。愛らしさ満点のミーアキャットとペットとして飼う事は可能なのでしょうか? もし飼うことが出来たとしても野生がむき出しだったらと考えるとちょっと躊躇しちゃいますよね~。意外とペットとして飼われている方が多いのも事実です。

セキセイインコの飼い方!必要なものや値段懐かせるコツ!

犬や猫は生活環境上ペットとして飼う事が出来ない方や小鳥を飼って見たい方に特に人気なのが、セキセイインコです。 色もカラフルで、人にも懐きやすいということでペットとして飼っている方もかなり大勢います。セキセイインコをペットとして飼いたい場合、どうしたらいいのでしょうか? 飼育も簡単といわれているセキセイインコですが、やはりペットとして飼うのですからきちんとしなければなりません。

ミニブタの飼育の仕方!安心して育てるために地域の人に飼っているという認知も必要!

今度ペット飼うんだ~と言われて、あなたなら何の動物を想像しますか? 犬?猫?小鳥・金魚などペットショップなどで販売されている動物たちがほとんどでしょう!しかし、最近ブームになっているのが豚!なのです。 豚と言っても普段口にする豚では無く、小型の豚。いわゆるミニブタと言われるペット用のブタなのです。いくらミニブタとは言ってもブタですから飼えるのか不安ですよね~ そんな人の為に、ミニブタの飼育についてご紹介します。

クワガタの飼育の仕方!エサや飼育環境の作り方までわかりやすく教えます!

夏休みになってお父さんと雑木林や里山でクワガタを取ってきたものの、クワガタをそのまま虫かごの中で放置してはいませんか? それだとクワガタを折角捕ってきたのに、クワガタが可哀想です。小さい虫にの命が存在しているわけですから、とってきた場合は最後までちゃんと面倒を見ましょう!

ドクターフィッシュの飼い方!購入先や値段はいくらくらい?

 最近は日本の足湯で人気の出ているドクターフィッシュですが、正式にはガラルファの名前で北米でも魚の水槽の中にはよく見られる魚です。 ガラルファを単独で飼育するというより、観賞魚を多数入れた水槽の壁面などに着いた藻などを食べる、コケ取りの掃除役としての存在で知られています。

スッポンの飼育の仕方!餌や飼育のコツを伝授!

日本のスッポンは、もっぱらスッポン料理として有名なようで、自然界に自生しているスッポンについては十分なデータが無いとも、言われています。 日本にいるスッポンはニホンスッポンという種類で、北米のものとは違います。古くは、中国などから持ち込まれたものではないか、とも言われています。

金魚の産卵の環境づくり!稚魚の育て方

 池で飼っている金魚は、いつの間にか数が増えていたり、見知らない小さな稚魚が混ざっていたりすることがあります。 室内で複数の金魚を飼っている場合には、金魚を自分で増やしてみようかと思ったり、金魚の赤ちゃんを見たくなったりするものです。そういうときに役立つ豆知識を集めてみました。

金魚の病気!転覆したり白くなったり黒くなったりしたときの対処法!

金魚を飼っていると、毎日きちんと世話をしているつもりなのに弱ってしまって泳げなくなっていたり、ヒレに白いものができて病気になってしまった、ということが起こります。 せっかく家族になっている金魚が病気になってしまったら、どうしたらいいのでしょうか、代表的なものだけ集めてみました。

飼育しやすい金魚の種類と飼育方法!

 お祭りの金魚すくいでもお馴染みの金魚は、昔から簡単に飼える観賞魚としてすっかり定着しています。 魚を飼う人なら、きっといつかは飼ったことがあるに違いない魚で、また初心者でも飼育を始めやすい魚です。 ガラスの水槽で飼う場合もありますし、もっとずっと簡単に金魚鉢でも飼えます。

ザリガニの飼育の仕方!飼育に必要なモノや餌や環境は?

昔は、近くの川や池などによく棲んでいて簡単に捕まえられたザリガニも、最近では少なくなってきています。 そのかわり、ペットショップでも見かけられるようになっています。 ザリガニは丈夫なので家庭で飼育するときにも比較的簡単ですから、子供を中心にして人気があるようです。

コミカルな動きで飼い主を魅了するフェレット!飼育の仕方

 フェレットは、今から2000年以上前のローマ時代からネズミ退治用に飼われていました。成長しても猫より小さめのサイズで、人懐っこく、家族同様に暮らしていくことができます。 食肉目イタチ科に属していますが、現在のフェレットには野生種はいません。欧米では犬、猫に次ぐ第3のコンパニオンアニマルとしてとても人気があります。

水族館で人気の小動物がペットとして飼える!コツメカワウソの飼育の仕方

 水族館や動物園でかわいいしぐさが人気のコツメカワウソは、食肉目イタチ科ツメナシカワウソ属に分類されます。カワウソの仲間では最も小型で、「小爪」の名の通り足の指には小さな爪があります。人懐っこい性格から、マレーシアでは飼いならされて漁業にも使われていたこともありました。

ペットとして飼える!人懐っこい性格のプレーリードッグの飼育の仕方

プレーリードッグ(「prairie」=草原、「dog」=犬)は、ネズミ目(齧歯類)リス科プレーリードッグ属の動物です。なぜ「草原の犬」といわれるのかといえば、仲間に危険を知らせる時の「キャンキャン」という鳴き声が犬に似ているから、と言われています。日本で飼われている多くは、尻尾の先が黒い“オグロプレーリードッグ”です。

キツネがペットで飼える?目がクリクリしてかわいい小動物フェネック!飼育の仕方は難しい?

 長い耳介がピーンとして、くりっとした目、尻尾の先が黒いフェネックは、犬なの?キツネなの?と不思議がられています。 フランスの童話「星の王子様」に登場する耳の長いキツネのモデルともいわれていますが、その愛らしい顔立ちがペット愛好家の間で話題になっています. イヌ科キツネ属、イヌ科最小種のフェネックは、海外では「リアルピカチュウ」として人気があります。

ペットで人気急上昇!ハリネズミの飼育の仕方!

「ハリネズミの笑った顔に癒される。寝顔がかわいい!」ハリネズミの笑顔がTVの画面に映ってからは、ペットとしてじわじわと人気が高まってきました。ペットとして飼えるのは“ヨツユビハリネズミ”、通称“ピグミーヘッジホッグ”という種類です。身の危険を感じるとクルッと体を丸めてトゲを突き出しますが、馴れてくると手のひらに乗せることもできるかわいらしい動物です。

ペットで人気のリスザル!飼育の仕方は難しいけど可愛すぎる!

愛くるしいしぐさで動き回るリスザルは、ペットとして人気上昇中です。リスザルは、オマキザル科の中では最小種のペットで、別名“コモンリスザル”とも呼ばれています。体色は黄色から黄褐色で、口のまわりが黒いことが特徴です。ペットとして比較的飼いやすいといわれていますが、あくまでもサルの中の話で、獰猛さゆえにトラブルになることもあるので、注意が必要です。

かわいいと評判でペット人気急上昇!フクロモモンガの魅力と飼育の仕方

くりくりした目とやわらかい毛並み、子どものころから飼えば人に慣れやすいフクロモモンガは、ペットとして人気上昇中です。甘いものが大好きなので、欧米では、「シュガーグライダー」とよばれています。「モモンガ」と名前がついていますが、アメリカモモンガなどリスの仲間ではなく、コアラやカンガルーと同じ有袋類の仲間です。